になる大使館カジノとは?

治外法権ともいえる大使館カジノそもそも大使館や領事館におけるカジノ営業は合法と言えるのでしょうか?それはYES!です。敷地内であれば合法です。但し、両国間双方においてカジノ、賭博行為における取り決めがある場合には違法になる場合があります。大使館と領事館の定義とは世界各地に一人の大使が拠点とするのが大使館で外交官が活動を行う上で拠点として設けられて複数の外交官の存在が可能なものが領事館です。この大使館及び領事館での敷地内での大使館カジノが治外法権になっている為に合法と言えるのです。因みに治外法権とは日本の法律が適用されない事を言い世界中での大使館、領事館ではこの治外法権が認められています。厳密にいえばこの治外法権の状況下では自国の業務や大使館カジノも遂行できるのです。ご存知の通り日本国内においてカジノは合法ではありません。しかしオンラインカジノなら、違法ではないのでインターネット環境さえあればお好きな時間にカジノゲームをプレイすることができます。

大使館カジノに行くのは合法か?

闇カジノや裏カジノなる違法なカジノも存在して常に摘発のリスクに晒されている為、日本国内ではフリーにプレイ不可は周知の通りです。しかし先程で述べたカジノが合法である国の大使館、領事館であれば日本国内においてもカジノ営業が合法となりこの形態を大使館カジノと言います。しかし、落とし穴として大使館関係者の外交官やその家族が息抜きでカジノをするには問題はないにせよ日本人が客として大使館カジノへ出入りして賭博をする行為が問題となっています。北野武監督の日本映画アウトレイジではこの治外法権を悪用したカジノが登場して正に大使館カジノを舞台とした闇カジノをテーマとしたやくざの資金源の描写を如実に表したヒット作品です。この映画で大使館カジノが理解できるので必見です。最近ではカジノに行かずに、家からオンラインカジノを試す人も多く増えてきています

まとめ

大使館カジノは外交特権によって治外法権が認められているのは大使館・領事館だけではありません。それでは他の大使館カジノの様な治外法権はと言えばどこでしょうか?それは沖縄の米軍基地です。何故ならば米軍基地内では日本の法律が適用されずアメリカの法律が適用となります。ここでは日本人にとっても隠れたスポットと言えるでしょう。米軍基地内では日本人も日本国内にいながらカジノがプレイ出来て穴場と言えるでしょう。ただランドカジノの様な豪華なイメージではなくスロットマシンが並べられた質素な空間です。いずれにせよ日本国内でカジノを楽しみたいのなら米軍基地は格好のカジノプレイス大使館カジノに匹敵するのです。また実際にカジノに行く時間がないなら、オンラインカジノでカジノプレイも楽しめます。今なら入金不要ボーナスで無料でカジノを楽しむことができます。